HYGIENE

昨今、ノロウイルスやO-157などのウイルスや菌によって食中毒や感染症が話題になる事が多くなりました。飲食店や介護施設・保育施設等の衛生管理が重要になってきています。弊社では、衛生状態の数値化で衛生状態を科学的に把握できます。また、食の安全安心を強化するため食品衛生法の改正が行われました。この改正で、HACCAP(ハサップ)に沿った衛生管理手法が取り入れられました。衛生状態の把握して改善を行い維持していくための総合的にサポートします。

把握→改善→維持

現状を把握して改善提案で改善維持して行きます。それを繰り返し行うことで常に安心安全な食や環境の提供が出来ます。

拭き取り検査サービス

包丁やまな板などの設備・器具・作業者の手指などに付着した微生物をチェックします。外部専門機関によって科学的に検査する事ができます。

清浄度測定サービス(ATP拭き取り検査)

厨房内の汚れ度合いを10秒で数値化します!包丁やまな板などの設備・器具・作業者の手指など対象面を拭き取り食品残渣などの洗い残しを測定します。測定器にセットすると約10秒で結果がわかります。食品衛生管理の手法として一般的な「ATP拭き取り検査結果」に基づき改善提案をプラスしたサービスです。

目視検査サービス

プロの目による調査で衛生状態をチェック! 施設内の衛生状況について、チェックリストに基づきプロの目で調査。衛生レベルを数値化して集計・報告を行います。

食材検査サービス

食品内の病原微生物の有無を測定します! 食材検査は、食中毒を防止するための手がかりとなる情報を得る手段の一つです。多彩な検査項目で食品内の病原微生物の有無を測定するサービスです。

PROFILE